dデリバリー(出前)は雨の日や来客時に便利!




出前・宅配は【dデリバリー】

dデリバリー(出前)は雨の日や来客時に便利!
dデリバリーは株式会社NTTドコモが提供する、
出前・宅配サービスです。

ピザ、寿司、カレー、中華、弁当、ファミレス、ハンバーガーなど
色々なジャンルの食事を自宅まで配達してもらえます。

23時30分頃まで営業しているお店や30分前後で届けてくれる
お店もある
ので、仕事帰りにお腹が空いた時も便利です。

注文できるお店は出前館と同じなので、注文をお店にFAX送信する
出前館のネットワークを利用していると考えられます。

dデリバリーのドコモケータイ払いに対応しているお店は、クレジットカード
をお持ちでない方も、翌月に携帯料金と一緒に支払でき、
天気が悪い日や急な来客時に手持ちが少なくても出前を頼めます。

IDとパスワードを登録しないゲスト注文も可能ですし、
dアカウントを発行するとdポイントを貯めることができます。

dアカウントを発行するとドコモ以外の方も「dTV」ムゲン楽しい映像配信サービス
を31日間無料で楽しめるのお得です。

また、dデリバリー限定キャンペーン商品を注文すると、
お店のホームページから注文するよりお得
です。

キャンペーンは終了や変更になる場合があるので、
ご検討中の方は早めの申込がおすすめです。


※2016年4月1日現在の情報です。
※掲載内容に注意しておりますが、リンク先で再度ご確認ください。

スマホ&携帯の新2年契約のメリット・デメリット(ドコモ・au・SB)




キャッシュバックキャンペーン実施中!【おとくケータイ.net】

スマホ&携帯の2年契約とは
スマートフォンや携帯電話の料金プランは、
2年間契約する(=解約しない、いわゆる2年縛り)かわりに、
割引された料金で使えるという仕組みになっています。

2年契約でないプランを申込することもできますが、
本体代金の値引きの対象外になったり、毎月の基本料金も
2倍近くになるので、ほとんどの方は2年契約のプランを選ぶと思います。

最初の2年以内に解約して違約金を取られるのは、
割引の恩恵を受けているので仕方ない部分もあります。

しかし、「2年経過後も違約金がかかるのはおかしい」
という意見が集まり、総務省が働きかけることになりました。

2016年3月17日までにauから「新2年契約プラン」、
ソフトバンクからは「新しい2年契約プラン」の名称で具体的な情報が発表され、
ドコモも追従する(似たようなプランを発表)すると考えられます。

新2年契約のメリット
①2年経過(契約更新月到来)後、違約金(契約解除料)がかからない
2年3ヶ月目~2年7ヶ月目に解約する場合はお得
→2年3ヶ月目に解約した場合、従来の違約金9500円に対して新2年契約の差額8100円
③2年8ヶ月目以降の解約であっても支払を平準化でき手元に現金が残る

新2年契約のデメリット
2年以内に解約した場合は、違約金と新2年契約の差額(月300円)の両方がかかる
②2年8ヶ月目以降に解約した場合は、新2年契約の差額が従来の違約金より高くなる
→2年8ヶ月目に解約した場合、従来の違約金9500円に対して新2年契約の差額9600円

この変更に伴い、従来のプランを含めソフトバンクでは2016年3月末以降、auでは5月以降に
契約更新を迎える方の違約金のかからない期間を1ヶ月から2ヶ月に延長します。

ドコモもそれに追従すると考えられます。

新2年契約と解約期間の延長は、仕事や家事が忙しく、
解約手続きに行くのが難しい方に配慮した良い施策だと感じます。


※2016年3月21日現在の情報です。
※掲載内容に注意しておりますが、リンク先で再度ご確認ください。

Amazonの荷物がメール便(ポスト投函)で届きました




加入料無料!初回1ヶ月分の料金で最大2ヶ月楽しめる!→WOWOW_新規申込

Amazonの荷物がメール便(ポスト投函)で届きました
メール便だと家にいなくても商品を受け取れるので、
忙しい方も欲しい商品を最短で手に入れることができますね。

メール便で届いた経緯を説明します。
大手通販サイトのAmazon(アマゾン)で、CDを購入したところ、
メール便(追跡ゆうメール)で発送されていました。

Amazonの荷物は、ヤマト運輸(クロネコヤマト)の宅急便で発送され、
受取確認(印鑑かサイン)が必要な場合が多いです。

仕事や用事で家にいる時間が少ないので、
休みの日に到着予定日(通常1-2日後)を合わせて注文しました。
(プライム会員やお急ぎ便の場合、受取希望日や希望時間を指定できます)

到着予定日にヤマト運輸のサイトで追跡番号を確認したところ、
エラーになっていたので、配送状況をAmazonで再確認したら、
配送会社がJapan Post(日本郵便)になっていました。

日本郵便のサイトで確認したら、
追跡ゆうメール(ポスト投函)で本日配達予定になっていました。

メール便でも、ポストに入らないサイズの場合は
不在票での対応(再配達)になりますが、19時(地域によっては18時)まで
連絡すると当日中に再配達してもらえます。

19時までには帰れそうだったので、用事を済ませに外出しましたが、
無事ポスト投函されていたので、再配達の手続きも行わずに済み、
休日を有意義に過ごすことができました。

メール便は簡易包装で、ゴミが少なく地球環境に優しいのもメリットですね。

メール便になるかはAmazon側の判断になりますが、本やCD・ゲームで
配達日・時間指定なしにするとメール便になる可能性が高くなります。

Amazonの商品はコンビニ(ローソン・ファミリーマート・ミニストップ)や、
ヤマト運輸の営業所で受け取ることもできます。



※2015年10月4日現在の情報です。
※掲載内容に注意しておりますが、リンク先で再度ご確認ください。

mineo(マイネオ)なら最低利用期間&違約金なし!


mineoはドコモ端末もau端末も使えるから、今のスマホをそのまま安く

mineo(マイネオ)なら最低利用期間&違約金なし!
mineo(マイネオ)は株式会社ケイ・オプティコムが提供する、
auのMVNO(仮想移動体通信事業者)です。

@niftyやBIGLOBEなどの大手プロバイダが
提供するMVNOはほとんどドコモの回線を利用したものですが、
mineoはauのネットワークが使える珍しいサービスです。

データ専用プランはもちろん、音声通話が可能なプランも
最低利用期間&違約金なしで使える
ので、
新規契約の方も乗換(MNP)の方も安心して使えます。

auの端末をお持ちの方は、月700円からと非常にお得な料金で利用できます。
auの端末をお持ちでない方も、本体代金を入れても、
月2,100円(音声プランは月2,710円)からと従来のスマホの約1/3で使えます。

mineoの詳細・申込はこちら→mineo

mineo(マイネオ)の料金プラン比較
①基本データ容量500MB・700円(音声通話ありは1,310円)
②基本データ容量1GB・850円(音声通話ありは1,460円)
③基本データ容量3GB・980円(音声通話ありは1,590円)
④基本データ容量5GB・1,580円(音声通話ありは2,190円)

mineoのメリット・デメリット
毎月の料金が安い(スマホの1/5~1/3)
②全国ほぼ100%(LTEも99%超)のauエリアで使える
③下り最大75Mbpsまで対応(実際の最高速度は機種依存です)
④SMS(ショートメッセージ)とテザリング(WiFiの親機機能)が無料で使える
iPhoneのiOS8以降など、auスマホでも使えない機種があります。
→対応機種はリンク先で確認出来ます。


※2015年7月7日現在の情報です。
※掲載内容に注意しておりますが、リンク先で再度ご確認ください。

mineo(マイネオ)で使えるオプション一覧


mineoはドコモ端末もau端末も使えるから、今のスマホをそのまま安く

オプションの追加や解約は自由
mineo(マイネオ)は株式会社ケイ・オプティコムが提供する、
auのMVNO(仮想移動体通信事業者)です。

mineoは月700円から使える、
いわゆる格安スマホ・格安SIMのサービスですが、
auのネットワークを利用しているので、
オプションサービスも充実
しています。

mineoではオプション加入が契約の条件になっていないので、
オプションを利用する・利用しないは自由に選べます。
契約途中に追加したり、解約することもできます。

mineoの詳細・申込はこちら→mineo

mineo(auのMVNO)のおすすめオプション
①SMS(月額料金無料):電話番号でメッセージのやりとりをできるサービス

②テザリング(月額料金無料):スマホをWi-Fiの親機として使えるサービス

③パケットシェア(月額料金無料)くりこしたデータ容量を同一住所のグループでシェアできる

④パケットチャージ(100MB/150円)高速で使えるデータ容量を増やすサービス
→基本データ容量を使い切っても、200kbps(追加料金無料)で通信可能です。

⑤メールアドレス(基本サービスのため月額無料)@mineo.jpのメールアドレスが無料で使える

さらに、デュアルタイプ(音声通話あり)ご契約の方は、
着信転送・割込通話・番号通知リクエスト・ボイスメールも無料で使えます。

→携帯会社のオプションと同様の各種サービスを提供しているので、
 mineoに乗換することで毎月の支払を抑えることができます。


※2015年7月7日現在の情報です。
※掲載内容に注意しておりますが、リンク先で再度ご確認ください。