冬の光熱費(電気・ガス・灯油代)を節約する方法




冬服・冬物の詳細・購入はこちら

冬の光熱費(電気・ガス・灯油代)を節約する方法
風が冷たい季節になってきました。
北海道では旭川・稚内に続いて網走・釧路でも初雪が観測されました。

エアコンの電気代や、ストーブの灯油代、
お風呂・シャワーのガス代など光熱費も高くなりがちな時期ですが、
季節の変わり目なので、風邪など体調に気を付けて過ごしたいですね。

高い光熱費を少しでも節約したいなら、
次の方法を試してみてはいかがでしょうか?

①エアコンの電気代を節約する方法
→設定温度を下げる

暖房の設定温度は2度下げると、消費電力が約10~20%下がります。
冷房時は1度上げると約13%下がるので、
冷房の節約に比べ効果が低いので、無理は禁物です。

②ストーブの灯油代を節約する方法
→セーブ運転にする

設定温度より2度前後高くなると、
運転が自動的に停止し、設定温度に戻ると自動的に運転を再開します。

③お風呂・シャワーのガス代を節約する方法
→節水シャワーヘッドにする
→設定温度を下げる
→お風呂のお湯の量や、シャワーを出す時間を少なくする

お風呂・シャワーのガス代は、夏場には効果的な節約方法ですが、
冬場は風邪を引いてしまうと、薬代や病院代の方が高くなり本末転倒
なので、無理のない設定温度で過ごしましょう。

冬服・冬物の詳細・購入はこちら


※2016年10月8日現在の情報です。
※掲載内容に注意しておりますが、リンク先で再度ご確認ください。