ハイレゾ音源対応プレイヤーが24,000円(消費税8%込)!




キャッシュバックキャンペーン実施中!【おとくケータイ.net】

ハイレゾ音源とは
ハイレゾ音源(Hi-Res)は、音声ファイルの記憶方式の1つです。
CDやDVDよりも高音質なことから注目され、技術の向上や、
記憶媒体の大容量化・低価格化が進んだことから、商品化が進んでいます。

ハイレゾ対応プレイヤー(SONY Walkman NW-F885)

SONY ウォークマン Fシリーズ 16GB ブルー NW-F885/L

新品価格
¥24,000から
(2014/4/10 18:14時点)


音声の記憶方式とは
デジタルオーディオプレイヤーをご利用の方は、
「MP3」や「AAC」など一度は目にしたことがあると思います。

上記の2つは「不可逆圧縮」と言い、CDの音源から、
人間の耳では聞き取りにくい部分をカットすることで、容量を削減しています。
不可逆圧縮では、容量は少なくなりますが、圧縮後、元の音声を完全に再現できません。

反対に、「WAV」などCDの音源を、そのまま記憶することや、
元に戻せる状態で圧縮
することを「可逆圧縮」といいます。
可逆圧縮は、元の音声を完全に再現できますが、記憶容量は大きくなります。

ハイレゾ音源の仕組み
ハイレゾ音源がCD・DVDより高音質な仕組みは、
より細かいサンプリングが可能な為です。

一般的なCDはスタジオでの収録後、一般のプレイヤーで再生可能な
44.1kHz/16bit(44100分1秒に65536通りの音)で記録されています。

ハイレゾ音源は最大で、192kHz/24bit(192,000分の1秒に16777216通り)
で記録されているので、ライブ会場や、耳元で歌ってくれているような
臨場感で音楽を楽しむことが出来ます。

CDの段階でも人の耳で聞き取れない音まで記録されていますが、
元の音と比較すると、CDが不可逆圧縮で、ハイレゾが可逆圧縮と言えます。

キャッシュバックキャンペーン実施中!【おとくケータイ.net】


※2014年4月9日現在の情報です。
※掲載内容に注意しておりますが、リンク先で再度ご確認ください。